ロシア・ウクライナに行くなら、専門旅行会社の大陸トラベルへ。充実のツアーラインナップ!テーマのある旅もご案内。
HOMEHOME  サイトマップサイトマップ FOREIGN VISITOR 業務・交流 旅行会社様

ロシア・ウクライナ・中央アジア・コーカサスへの旅行なら■JAPAN TOUR■大陸トラベル■RUSSIAN VISA

HOME ツアー紹介 海外からのお客様 旅行業約款 会社案内 お問い合わせ
お問い合わせ先
お問い合わせ先 こちら お問い合わせ先
お問い合わせ先

チャイコフスキーへのいざない
チャイコフスキーについて 同行ピアニスト・木曽真奈美さん紹介 観光地マップ
ツアーの特徴 ツアーのこだわり スケジュール ツアーの条件
 
ロシアの自然をこよなく愛したチャイコフスキー。彼が晩年を過ごしたモスクワ郊外のクリン(チャイコフスキーの家博物館)と、ウラル地方に位置しロシアの原風景が色濃く残る生誕地ヴォトキンスク(チャイコフスキー邸博物館)を訪れます。
 
 
All Program for Tchaikovsky in Klin
[2日目] クリン (チャイコフスキーの家博物館)
チャイコフスキーが過ごしたクリンの街は緑に包まれた美しい地です。その一角に木々が生い茂る閑静な佇まいのチャイコフスキーの家博物館があります。ここは彼自身が晩年を過ごし、有名な交響曲第6番『悲愴』を生み出した場所であり、館内には多くの遺品や資料が展示・保存されています。この由緒正しき場所で、ツアーご参加の皆様だけにチャイコフスキーに浸っていただく特別なプログラムをご用意しました。 チャイコフスキーの家博物館
同行ピアニスト・木曽真奈美さんによるミニコンサート“チャイコフスキーの調べ”
同行ピアニスト木曽真奈美さんによるミニコンサート“チャイコフスキーの調べ”
木曽さんのピアノ演奏(以前のツアー時のようす)
博物館所蔵で通常公開されることのないチャイコフスキーの遺品を特別に閲覧
“展覧会の絵”の自筆譜を特別に閲覧
ツアーご参加者のためだけの管弦四重楽奏コンサート
ツアーご参加者のためだけの管弦四重楽奏コンサート
博物館館長との茶話会
博物館館長との茶話会
以前のツアー時のようす
Message
音楽家ドミトリイ・ショスタコーヴィチはチャイコフスキーを「チャイコフスキーの名は私たちにとって身近な存在であります。芸術の偉大さ、ヒューマニズムの力を感じさせるものであります。天才チャイコフスキーは才能と絶えない創造力をもち、音楽を通して人々に訴えました。」と評価しました。
ロシアの偉大な作曲家チャイコフスキーの音楽は、地球に住んでいるいろいろな民族の人々に同様に親しまれ、知られています。
「クリン時代」の9年間チャイコフスキーにとっては、作曲家として歩んだ人生の中ですばらしい音楽づくりの時代となりました。
モスクワ郊外にあるクリン市はどのツアーマップにも記され、そしてチャイコフスキーの自宅および仕事場であった二階建ての家では、彼を愛する人たちをいつも目にすることができます。
日本の皆様にも是非このクリンの地にお越しいただけますよう、お待ちしております。
館長 ガリーナ・イワノヴナ氏
国立チャイコフスキーの家博物館
館長 ガリーナ・イワノヴナ
 
All Program for Tchaikovsky in Moscow
[3日目] モスクワ (モスクワ音楽院)
チャイコフスキーが初めて講師として教鞭を振るった音楽学校。現在、世界三大音楽コンクールのひとつに数えられるチャイコフスキー国際コンクールの開催地としても知られています。その音楽院内にある各ホールから本番までをじっくり味わっていただきます。
コンサートホール側のプログラムの関係上、公演鑑賞日が変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。
モスクワ音楽院
All Program for Tchaikovsky in Votkinsk
[4日目] ヴォトキンスク (チャイコフスキー邸博物館)
日本人がめったに訪れることにないウラル地方の一都市ヴォトキンスク。色彩豊かな大自然が広がるこの地はチャイコフスキーが生まれた場所でもあります。幼少期の彼の周りにはいつも歌声と音色に溢れており、その家庭環境と自然からの恩恵はおおいに彼の心を育みました。まさにここはチャイコフスキー音楽の原点とも言える地です。このチャイコフスキー生誕の地・チャイコフスキー邸博物館では、大地に根付いた“本来の”ロシアの人びととの交流や心温まる家庭的な“おもてなし”を存分に味わっていただきます。 ヴォトキンスク
博物館所蔵で通常公開されることのないチャイコフスキーの遺品を特別に閲覧
ロシアの伝統“パンと塩”でお出迎え(前回ツアー時のようす)   当時の衣装をまとった博物館スタッフによる案内(前回ツアー時のようす)   テレビ撮影まで・・
ロシアの伝統“パンと塩”でお出迎え
(以前のツアー時のようす)
  当時の衣装をまとった博物館スタッフによる
案内(以前のツアー時のようす)
  テレビ撮影まで・・
博物館で子供たちによるかわいらしいミニコンサート
博物館で子供たちによるかわいらしいミニコンサート
普段目にすることのないチャイコフスキーの遺品に閲覧
普段目にすることのないチャイコフスキーの遺品に閲覧
Message
国立記念チャイコフスキー邸博物館は重要なロシア文化の発生地の一つであるとともに、まぎれもなくウドムルト自治共和国の“名所”のひとつです。当博物館は、ロシア観光客及び偉大な作曲家の才能への真の崇拝者でだけでなく、外国のお客様までもが愛し、敬う歴史的にも重要な意味を持つ場所のひとつです。ヴォトキンスクはチャイコフスキーが菩提樹や花々の芳香に囲まれながら幼少時代の最初の8年間を過ごした小さな故郷で、チャイコフスキー自身も人生の中でしばしばここでの暖かい思い出に浸っています。2006年、市は偉大なる天才音楽家の“故地”である家の200周年を祝いました。チャイコフスキー邸は、四季を通じ、さまざまな美しい表情を見せてくれます。春にはチャイコフスキーが愛した鈴蘭の香りや若草の清涼感が漂い、夏や秋には人を酔わせる古木の菩提樹の香りや色とりどりの色彩が、そして冬には神秘的な静寂が魅了します。これらすべての壮麗さは訪れる人々の心に温かな気持ちを呼び起こしてくれます。
“日出づる国”からの、チャイコフスキーの才能への崇拝者である皆様にお会いできることを楽しみにしております。
館長 ガリーナ・イワノヴナ氏
国立記念チャイコフスキー邸博物館
館長 アンナ・ワシーレヴナ
 
 
 
 
 
 

 ページTOPへ
HOMEツアー紹介海外からのお客様旅行業約款会社案内お問い合わせ
© TAIRIKU TRAVEL Co., Ltd.