ロシア・ウクライナに行くなら、専門旅行会社の大陸トラベルへ。充実のツアーラインナップ!テーマのある旅もご案内。
HOMEHOME  サイトマップサイトマップ FOREIGN VISITOR 業務・交流 旅行会社様

ロシア・ウクライナ・中央アジア・コーカサスへの旅行なら■JAPAN TOUR■大陸トラベル■RUSSIAN VISA

HOME ツアー紹介 海外からのお客様 旅行業約款 会社案内 お問い合わせ
お問い合わせ先
お問い合わせ先 こちら お問い合わせ先
お問い合わせ先

ドストエフスキー
ドストエフスキーについて 観光地マップ
ツアーの特徴 ツアーのこだわり スケジュール ツアーの条件
 
ゆかりの地
[2日目] ザライスク近郊
ダラヴォーエ村
モスクワから東南160kmほどの距離に位置する“罪と罰”のペンキ職人ミコールカの郷里であるザライスク。そこから車で30分ほどのところにあるドストエフスキーの父親の領地であり、ドストエフスキーが10〜15歳まで過した自然豊かな田舎ダラヴォーエ村。復元された別荘とその一帯はザライスク文学博物館の分館となっています。
ダラヴォーエ村
 
[3日目] モスクワ
ドストエフスキーの家博物館
ドストエフスキーの父親が医者として働いた慈善病院の別棟がドストエフスキーの生家でした。その生家跡に建てられた1928年開館の博物館です。ドストエフスキーの生まれた病院は今も残っており、敷地内にはドストエフスキーの銅像が建っています。
ドストエフスキーの家博物館
 
[4日目] サンクトペテルブルク
ドストエフスキーの墓
サンクトペテルブルクにあるアレクサンドル・ネフスキー大修道院内のチフヴィン墓地にあり、墓碑銘は“カラマーゾフの兄弟”のエピグラム(「ヨハネ福音書12章24節」)が刻まれています。葬列には2〜3万人が参加し作家の葬儀では空前のものになったといわれています。
ドストエフスキーの墓
ドストエフスキー文学記念博物館
1878年1月28日に死去するまでの間住んだアパートで、直筆の原稿や彼自身の蔵書、机等が数多く残されています。
ドストエフスキー文学記念博物館
Line
もちろん見逃せない代表的な観光スポットも見学
モスクワ bulletクレムリン <武器庫・ウスペンスキー大聖堂>
bullet赤の広場
サンクトペテルブルク市内 bulletエルミタージュ美術館
ノヴゴロド
bullet ソフィア大聖堂
ロシアに現存するロシア最古の建物で1045年に創建されました。黄金色のドームを真ん中に計6つのドームを頂き、外壁は白色一面です。12世紀のイコン「オラントの聖母」は必見。
ソフィア大聖堂
ソフィア大聖堂
主な観光スポットの詳細はこちら
Line
ツアーで訪れる世界遺産
[3日目] モスクワ
赤の広場とクレムリン
1990年にロシアで最初に登録された遺産のひとつ。現在もロシアの政治・宗教の中心として、世界中より注目されている場所です。
赤の広場とクレムリン
 
[4、7日目] サンクトペテルブルク
サンクトペテルブルク歴史地区と関連する建造物群
1990年にロシアで最初に登録された遺産のひとつ。ロシアの藝術の中心都市として世界中に知れ渡っており、別名“水の都”や“北のヴェニス”とも呼ばれています。また郊外にはロマノフ王朝時代の宮殿群が燦然と聳えています。
エカテリーナ宮殿
エカテリーナ宮殿
 
[6日目] ノヴゴロド
ノヴゴロドの歴史的建造物群とその周辺地区
1992年に文化遺産に登録された“新しい街”を意味するノヴゴロドは、ヴォルホフ川沿いにあるロシアで最も古い街のひとつです。「ヴァリャーグからギリシアへの道」と呼ばれる貿易路の中心都市として古くから栄え、現在も当時を偲ばせるような建築群が建ち並び、いにしえの面影に浸ることができるロシア文化の原点です。
ソフィア大聖堂
ソフィア大聖堂
 
こだわり
bullet 燃油サーチャージ等
  旅行代金に燃油サーチャージ・各空港諸税等を含めています。
bullet ロシアビザ(ビザの所持が必要な国籍の方)
  旅行に必要なロシアビザは当社にて取得代行します[取得代行手続きにおける手数料は無料です]。
bullet ミネラルウォーター
  旅行中、お客様それぞれに一日1本ミネラルウォーター(ガス抜き)をご用意します[ツアー初日・最終日は除く]。
bullet 同行者
  長年に渡りドストエフスキー研究に携わっている木下豊房先生が出発から帰国まで同行します。
bullet 添乗員
  出発から帰国までツアーの企画者・担当者自らが添乗員として同行します。
bullet ツアー専用車・専任ガイド
  旅行中、ご利用いただく車はすべてツアーの専用車となります。また各都市でお出迎えするガイドがその都市を出発するまでスルーでアテンドします(スターラヤ・ルッサを除く)。
bullet 少人数催行
  ご家族や気心知れた人たちとだけで行くような旅を味わっていただくために、催行人数10名様前後を中心としたツアーです。
 
 

 ページTOPへ
HOMEツアー紹介海外からのお客様旅行業約款会社案内お問い合わせ
© TAIRIKU TRAVEL Co., Ltd.