ロシア・ウクライナに行くなら、専門旅行会社の大陸トラベルへ。充実のツアーラインナップ!テーマのある旅もご案内。
HOMEHOME  サイトマップサイトマップ FOREIGN VISITOR 業務・交流 旅行会社様

ロシア・ウクライナ・中央アジア・コーカサスへの旅行なら■JAPAN TOUR■大陸トラベル■RUSSIAN VISA

HOME ツアー紹介 海外からのお客様 旅行業約款 会社案内 お問い合わせ
お問い合わせ先
お問い合わせ先 こちら お問い合わせ先
お問い合わせ先

チェーホフを訪ねて−サハリン編−
チェーホフについて 観光地マップ
ツアーの特徴 ツアーのこだわり スケジュール ツアーの条件
 
ゆかりの地
[2日目] ユジノサハリンスク
「サハリン島」博物館
サハリンにおけるチェーホフの活動の資料や、19世紀にこの地に暮らした流刑囚たちの生活用具が展示されています。
「サハリン島」博物館
 
[3日目] アレクサンドロフスク・サハリンスキー
歴史・文学博物館“チェーホフとサハリン”
チェーホフの作品「サハリン島」に登場するランズベルクの家が、現在博物館としてオープンしています。モスクワからこの地に辿りつくまで約3ヶ月を擁したチェーホフの旅の荷物や、彼がサハリンで調査した資料などが展示されています。
歴史・文学博物館“チェーホフとサハリン”
Line
観光地
[2日目] ユジノサハリンスク
現在のサハリン州の州都。日本時代の呼び名は豊原。今も日本が統治していたころの名残りが街のあちこちで観ることができます。近年はサハリンプロジェクト(油田・天然ガス開発プロジェクト)で街は活況を呈しています。日本の函館市、旭川市、稚内市と姉妹都市提携を結んでいます。
ユジノサハリンスク
栄光広場
山の空気展望台の麓にあり、第二次世界大戦の勝利を記念した広場。
栄光広場
レーニン通り
ユジノサハリンスクの街を南北に貫くメインストリート。
レーニン通り
レーニン広場
山の空気展望台
ユジノサハリンスクの市街を一望できる展望台。日本名は旭ヶ丘。
山の空気展望台
サハリン州立郷土博物館
建物は1937年7月に創建。日本の統治時代、貝塚良雄の設計によって建設されました。現在、サハリンの自然、民族、歴史などをテーマにした資料を約8万点所蔵。
サハリン州立郷土博物館
樺太神社跡
1911年、日本の統治時代に建てられた神社。現在はその当時を思わせる建物を見つけることは難しいが、昭和天皇が皇太子時代に植樹された木を現在も観ることができます。
樺太神社跡
自由市場
市内にいくつかあるサハリン市民のご用達の市場。
自由市場
 
[5日目] コルサコフ
日本の稚内とフェリー航路を持つこの街は、サハリン島の南アニワ湾の付け根に位置しています。近郊のプリゴロドノエにはサハリンプロジェクトに関連した施設が建設されています。
コルサコフ
旧拓殖銀行大泊支店
コルサコフの歴史を紹介する博物館。日本時代の資料も充実しています。
旧拓殖銀行大泊支店
亜庭神社跡
日本統治時代の名残りで、現在も石段が残っています。
旧亜庭神社の石段
トナイチャ湖
ユジノサハリンスクからコルサコフに向かう途中にある汽水湖。水鳥たちの憩いの場として、また夏場はサハリン市民の憩いの場として人気があります。
トナイチャ湖
 
こだわり
bullet 燃油サーチャージ等
  旅行代金に燃油サーチャージ・各空港諸税等を含めています。
bullet ロシアビザ(ビザの所持が必要な国籍の方)
  旅行に必要なロシアビザは当社にて取得代行します[取得代行手続きにおける手数料は無料です]。
bullet ミネラルウォーター
  旅行中、お客様それぞれに一日1本ミネラルウォーター(ガス抜き)をご用意します[ツアー初日は除く]。
bullet 同行者
  長年に渡りチェーホフ研究に携わっている中本信幸先生が出発から帰国まで同行します。
bullet 添乗員
  出発から帰国までツアーの企画者・担当者自らが添乗員として同行します。
bullet ツアー専用車・専任ガイド
  旅行中、ご利用いただく車はすべてツアーの専用車となります。またユジノサハリンスク滞在中は日本語ガイドがアテンドします。
bullet 少人数催行
  ご家族や気心知れた人たちとだけで行くような旅を味わっていただくために、催行人数10名様前後を中心としたツアーです。
 
 

 ページTOPへ
HOMEツアー紹介海外からのお客様旅行業約款会社案内お問い合わせ
© TAIRIKU TRAVEL Co., Ltd.