ロシア・ウクライナに行くなら、専門旅行会社の大陸トラベルへ。充実のツアーラインナップ!テーマのある旅もご案内。
HOMEHOME  サイトマップサイトマップ FOREIGN VISITOR 業務・交流 旅行会社様

ロシア・ウクライナ・中央アジア・コーカサスへの旅行なら■JAPAN TOUR■大陸トラベル■RUSSIAN VISA

HOME ツアー紹介 海外からのお客様 旅行業約款 会社案内 お問い合わせ
お問い合わせ先
お問い合わせ先 こちら お問い合わせ先
お問い合わせ先

夏休み特別企画 !ロシア宇宙教室> 「星の街」特別体験ツアー
同行者・菊地涼子さん紹介   観光地マップ
観光地 スケジュール ツアーの条件
 
人類で初めて宇宙飛行を遂げたユーリー・ガガーリンの没後50年を記念して企画するスペシャルツアー。
ガガーリンの足跡を訪ねて、普段のツアーではあまり訪れる事のないガガーリンの生誕地や、ガガーリンが帰還した実物の宇宙船が展示される博物館を訪問。そしてガガーリンが実際に宇宙飛行士の訓練を受け、今尚現役宇宙飛行士も訓練を行う「星の街」での特別体験プログラムをご用意しました。ツアーには、ロシアの「星の街」で宇宙飛行士訓練を受けた元TBS「宇宙特派員」の菊池涼子さんに同行して頂き、じっくりと解説して頂きます。
 
観光地
[2日目] ガガーリン市
モスクワより西に約4時間、以前はグジャーツクと呼ばれていましたが、近郊のクルシノ村で生まれた人類初の宇宙飛行士ガガーリンに因んで1968年に改名されました。街ではガガーリンにまつわる多くの記念品を保管している博物館を、クルシノ村では復元されたガガーリンの生家を観ることができます。

ガガーリンの生家博物館
ガガーリン市の近郊、クルシノ村にあるガガーリンの生家跡地に、1971年に復元された博物館。博物館の隣には、戦時中にガガーリン家が避難していた小屋も見ることができます。
ガガーリンの生家博物館1   ガガーリンの生家博物館2

ガガーリン学生時代の家博物館
ガガーリンが学生時代を過ごし、当時の数々の想い出の品が展示されている博物館。建物の庭には、ガガーリンが植えたとされているライラックの木を見ることができます。
ガガーリン学生時代の家博物館1   ガガーリン学生時代の家博物館2

ガガーリンの両親の家博物館
ガガーリンが亡くなる前に訪れた最後の家。ガガーリンが有名になった後、この家で多くのインタビューを受け、また多くの<宇宙飛行士仲間>が訪問しました。博物館の近くには、ガガーリンが所有していたソビエト時代の高級車<ボルガ>が展示されています。
ガガーリンの両親の家博物館1   ガガーリンの両親の家博物館2

宇宙飛行士博物館
この大きな博物館は以前、宇宙飛行士や高官用のホテルとして使用されると同時にガガーリンの母であるアンナ・ティモフェーエブナが住んでいました。博物館内のホールには、家族の写真などやガガーリンが通っていた当時の学校の教室の様子が復元、展示されています。
宇宙飛行士博物館1   宇宙飛行士博物館2

[3日目]エネルギア社博物館
ロシアのソユーズ宇宙船、プログレス宇宙船等を設計・製造しているエネルギア社のテリトリー内にある博物館。ガガーリンが地球帰還時に搭乗していたボストーク1号の実物をはじめ、世界初の女性宇宙飛行士テレシコワ、世界初の宇宙遊泳を行ったレオーノフらも搭乗していた宇宙船の実物等が数多く展示されています。
エネルギア社博物館1   エネルギア社博物館2

[4日目〜5日目]
ガガーリン宇宙飛行士訓練センター〜「星の街」〜
「星の街」(ガガーリン宇宙飛行士訓練センター)見学
モスクワの北東に位置する「星の街」内にある宇宙飛行士の訓練センター。設立は1960年。ソユーズ有人宇宙船や宇宙船「ミール」等の訓練施設として使われ、現在はISS(国際宇宙ステーション)の訓練施設としても使用されています。
  星の街1   星の街2

ミール宇宙ステーションモックアップレクチャー&実習
ミール宇宙ステーションの目的と軌道上で活動していた際の事故などの歴史を交えながら、宇宙ステーションの構造を理解してもらいます。モックアップ内部において、様々なモジュールの内部構造、クルー達の仕事や就寝場所を学ぶと共に、実際にさまざまな機器の起動方法や、ミッションコントロールセンターとの交信の実習を行います。また、宇宙船のドッキングシステムが実際にどのように稼働するかも学ぶことができます。
ミール宇宙ステーションモックアップレクチャー&実習   ミール宇宙ステーションモックアップレクチャー&実習

ソユーズ有人宇宙船ランデブー/ドッキングレクチャー&シミュレーション体験
実際のクルーたちも、宇宙ステーションに宇宙船をいかにランデブーさせドッキングさせるかを学ぶ前に、ドッキングシステムの目的、構造、そして実際にどう動くのかを 学ぶ必要があります。レクチャーではドッキングシステムが実際にどうやって動くのか、実際にクルーたちがどのように使用しコントロールしながら宇宙船を宇宙ステーションにドッキングされるのが解説されると共に、実際のドッキング基本操作をシミュレーション体験します。
ソユーズ有人宇宙船ランデブー/ドッキングレクチャー&シミュレーション体験   ソユーズ有人宇宙船ランデブー/ドッキングレクチャー&シミュレーション体験

ソコル宇宙服(船内用)レクチャー
ソコル宇宙服は、搭乗員たちにとって、宇宙船の機材が破損し、空気もれと共に船内で減圧がおこった際の重要な安全装置です。宇宙船に搭乗中、クルーは常にソコル宇宙服を着用しています。宇宙服のヘルメットはフライト中、基本的にはオープンの状態ですが、宇宙船内で減圧の警報アラームが鳴ると、クルーはヘルメットを閉じ、宇宙服の内部は自動的に与圧されます。レクチャーでは、宇宙服の素材や構造、クルーたちが着用しながらに実際にどのように活動するかが解説されます。
ソコル宇宙服(船内用)レクチャー

オルラン宇宙服(船外用)レクチャー
ISS(国際宇宙ステーション)の恒常的なメンテンナンスためには、宇宙空間での作業が必要になってきます。宇宙空間でのさまざまなメンテナンス作業のために宇宙飛行士たちは宇宙服(船外用)を着用する必要があります。レクチャーでは船外用宇宙服の素材や構造を、実際の宇宙服に触れながら学ぶことができます。
オルラン宇宙服(船外用)レクチャー

宇宙服グローブ使用体験
宇宙服グローブボックス体験装置は、無重力下でのグロ−ブの使用を疑似体験できます。この装置は無重力下での作業の困難さを再現しており、ネジひとつを回すにしても困難がともなう事が実感できます。
宇宙服グローブ使用体験

現役宇宙飛行士との面会(予定)
ロシア現役宇宙飛行士が、お客様のためだけに特別に時間を取りながら、宇宙飛行の体験、国際宇宙ステーションでの仕事・生活の話等をじっくりとしてくれるとても貴重な体験です。お客様からの質問コーナー時間もたっぷりとご用意します。
  現役宇宙飛行士との面会1   現役宇宙飛行士との面会2

[6日目]
レーニン廟(ガガーリンの墓、コロリョフの墓)
ロシアを象徴する赤の広場にあって、その広場の象徴である「レーニン廟」には、ロシア(ソ連邦)の宇宙開発に多大な貢献をしたガガーリンやコロリョフが眠っています。
  レーニン廟   ガガーリンの墓

赤の広場
「ロシア」の象徴でもある赤の広場。ガガーリンが地球に帰還した際は大々的な記念パレードが行われた場所でもあります。現在でも各種記念日のパレードや季節に応じて様々なイベントが行われています。
  赤の広場1   赤の広場2

 

 
こだわり
bullet 同行者
  ロシアで実際に宇宙飛行士としての訓練を受けた菊池涼子さんが出発から帰国まで同行します。
bullet 添乗員
  10名様以上のご参加の場合、ロシア語堪能な添乗員が同行します。
bullet ツアー専用車・専任ガイド
 

旅行中、ご利用いただく車はすべてツアーの専用車となります。モスクワ到着時にお出迎えする日本語ガイドが帰国日までスルーでアテンドします。(尚、星の街滞在中のレクチャーの際は日本語通訳の同行となります。)

 
 

 ページTOPへ
HOMEツアー紹介海外からのお客様旅行業約款会社案内お問い合わせ
© TAIRIKU TRAVEL Co., Ltd.