ロシア・ウクライナに行くなら、専門旅行会社の大陸トラベルへ。充実のツアーラインナップ!テーマのある旅もご案内。
HOMEHOME  サイトマップサイトマップ Russian 業務・交流 旅行会社様

ロシア・ウクライナ・中央アジア・コーカサスへの旅行なら■JAPAN TOUR■大陸トラベル■RUSSIAN VISA

HOME ツアー紹介 海外からのお客様 旅行業約款 会社案内 お問い合わせ
お問い合わせ先
お問い合わせ先 こちら お問い合わせ先
お問い合わせ先

冬のロシア民芸品紀行
観光地マップ
ツアーの特徴 ツアーのこだわり スケジュール ツアーの条件
 
 
ゆかりの地
[2日目]
ロシアを代表するお土産として世界的に有名なホフロマ。セミョーノフにあるホフロマ工場の製品が有名なためセミョーノフ生まれだと思われている民芸品ですが、その故郷はセミョーノフから遠く離れた電車も通っていない農村コヴェルニノ。未だに集団農場の看板が入口で迎える本物のロシアの農村を訪ねます。ソ連時代の設備で昔ながらの製法でホフロマを作り続ける旧式の工場と、最新の設備を導入した新しい設備の工場、2つのホフロマ工場を見学、ホフロマの絵付けを体験するワークショップを行います。移動が多い日になりますが、専用車両からロシアの大平原を眺めながらドライブをお楽しみください。
  ホフロマ作り   ホフロマ作り2
★ワークショップ:ホフロマ絵付体験 スプーン または 小物類
 
 
[3日目]
老舗マトリョーシカ工場 セミョーノフスカヤ・ロスピシ工場見学。付属の博物館見学とワークショップ。ワークショップ・コーナーでは歴代のセミョーノフ工場 主任絵付師さん3人が常駐していて直接絵付けを習えます。作品は工場で本物のニス塗りお渡しを致します。
セミョーノフ・マトリョーシカ発祥の地 近郊のメリノヴォ村、セミョーノフ郷土博物館、ホフロマ博物館などワークショップの終了時間次第でセミョーノフの観光スポットにお連れします 。

  セミョーノフ1   セミョーノフ2
★ワークショップ:基本はセミョーノフ伝統柄 マトリョーシカ 3個組(線入) or 1個(線なし)
※日本でセミョーノフ工場のワークショップを既に受講された方は相談下さい(予約2ヶ月前までカスタマイズ可)
 
 
[5日目]
独特の風合いと技術で世界中にファンを持つセルゲイ・コブロフさんの工房を訪ねます。工房の看板カーヴィング技術のワークショップ&即売会&交流会を開催!工房の高級マトリョーシカをお得な価格で直接吟味して購入するチャンスです。カーヴィング技術の他にも直接コブロフ工房の人気作家さんに絵付技術を習うワークショップもご用意いたします。セルゲイ・コブロフさんと共にダヴィドヴォ周辺の近隣の街を巡り、そのうちの1つ繊維の町パーヴロフスキー・パサードにあるプラトーク(※)工場を訪ねます。博物館を訪れてトートバッグを作るミニワークショップ。直売店でショールの購入もできます。   セルゲイ・コブロフ   ショール工場博物館
★ワークショップ:カーヴィングorコブロフ工房作家の直接絵付け指導(マグネット、または、小物)
パブロフスキー・パサード:プラトークやスカーフ作りに使用されているスタンプを使ってトートバッグに模様を入れる簡単なワークショップ。
(※伝統的なロシア式ショール(羽織ったり被ったりもする)。独特な風合いや柄・色使いが特徴でロシアを代表するお土産)
 
[6日目]
グジェリ陶器工場見学、付属博物館の見学。工場直営の売店でお買い物も楽しめます。グジェリ陶器の名工ユーリー・ガラーニンさんの工房 兼 自宅を訪ね、ワークショップと交流会を行います。

★ワークショップ:お皿 or 壁掛け or チェブラーシカのフィギュアが選べます。
  ガラーニン   グジェリ直営ショップ
 
 
 
もちろん見逃せない代表的な観光スポットも見学
モスクワ bullet赤の広場
bulletクレムリン
     
 
 

主な観光スポットの詳細はこちら
 
ツアーで訪れる世界遺産
[4日目]モスクワ
赤の広場とクレムリン
1990年にロシアで最初に世界遺産に登楼されたものの一つ。現在もロシアの政治・宗教の中心として 世界中より注目されている場所です。
赤の広場
 
 
こだわり
bullet 燃油サーチャージ等
  旅行代金に燃油サーチャージ・各空港諸税等を含めています。
bullet ロシアビザ(ビザの所持が必要な国籍の方)
 

旅行に必要なロシアビザは当社にて取得代行します[取得代行手続きにおける手数料は無料ですが、
別途申請代<実費>が発生致します。]。

bullet ツアー専用車
  旅行中、ご利用いただく車はすべてツアーの専用車となります。
 
 

 ページTOPへ
HOMEツアー紹介海外からのお客様旅行業約款会社案内お問い合わせ
© TAIRIKU TRAVEL Co., Ltd.