ロシア・ウクライナに行くなら、専門旅行会社の大陸トラベルへ。充実のツアーラインナップ!テーマのある旅もご案内。
HOMEHOME  サイトマップサイトマップ FOREIGN VISITOR 業務・交流 旅行会社様

ロシア・ウクライナ・中央アジア・コーカサスへの旅行なら■JAPAN TOUR■大陸トラベル■RUSSIAN VISA

HOME ツアー紹介 海外からのお客様 旅行業約款 会社案内 お問い合わせ
お問い合わせ先
お問い合わせ先 こちら お問い合わせ先
お問い合わせ先

ムソルグスキーについて
ムソルグスキー
ムソルグスキー (1839.3.21〜1881.3.28)
プスコフ郊外のカレヴォ村に生まれたムソルグスキーは、6歳から母の手ほどきでピアノを習い始めました。当時憧れていた武官になるために10歳でサンクトペテルブルクの学校に入学し、13歳で士官候補生になりましたがその間も大好きな音楽と関わっており、バラキエフやキュイとの出会いを通して同胞愛や郷土愛に目覚め、1858年に軍務を退役しました。 1865年に母が亡くなったころからアルコール依存症の兆しがみられ、1874年のオペラ『ボリス・ゴドノフ』の初演で頂点を極めたのちは転落のきざしが次第に明らかとなっていきました。 また親友のガルトマンも亡くなったことで、意気消沈した彼は、1881年に4度の心臓発作に見舞われ絶望的な状況のなか陸軍病院で亡くなり、現在アレクサンドル・ネフスキー大修道院(チフヴィン墓地)に眠っています。


「展覧会の絵」ツアー詳細ページに戻る
 
 
チェーホフについて
 
トルストイについて
 
ドストエフスキーについて
 
チャイコフスキーについて
 
ラフマニノフについて
 
ムソルグスキーについて
 
ロシアバレエについて
 
ロシアオペラについて
 
 

 ページTOPへ
HOMEツアー紹介海外からのお客様旅行業約款会社案内お問い合わせ
© TAIRIKU TRAVEL Co., Ltd.