ロシア・ウクライナに行くなら、専門旅行会社の大陸トラベルへ。充実のツアーラインナップ!テーマのある旅もご案内。
HOMEHOME  サイトマップサイトマップ FOREIGN VISITOR 業務・交流 旅行会社様

ロシア・ウクライナ・中央アジア・コーカサスへの旅行なら■JAPAN TOUR■大陸トラベル■RUSSIAN VISA

HOME ツアー紹介 海外からのお客様 旅行業約款 会社案内 お問い合わせ
お問い合わせ先
お問い合わせ先 こちら お問い合わせ先
お問い合わせ先

ラフマニノフについて
ラフマニノフ
ラフマニノフ (1873.4.1〜1943.3.28)
ロシアの古都ノヴゴロド近郊のセミョーノフ村で生まれたラフマニノフは、幼い頃から才能を見出され、12歳からモスクワ音楽院で和声や対位法・ピアノを学び始めました。 18歳でピアノ科を首席で卒業した彼は次々と作品を発表しましたが、1897年に初演された交響曲第1番が酷評され自信を喪失してしまいました。しかし精神科医ニコライ・ダールとの出会いから次第にその自信を取り戻し、1901年にピアノ協奏曲第2番を発表して作曲家としての名声・尊敬を一身に受けることとなりました。 1905年からの1年間はボリショイ劇場の指揮者として、1909年からはアメリカ演奏旅行をするなど充実な時を過ごしましたが、1917年のロシア革命勃発後ヨーロッパを経由してアメリカに亡命することとなりました。2度とロシアに戻ることのなかった彼は晩年まで故郷を偲びながら、癌のためビバリーヒルズで亡くなりました。


「ラフマニノフ」ツアー詳細ページに戻る
 
 
チェーホフについて
 
トルストイについて
 
ドストエフスキーについて
 
チャイコフスキーについて
 
ラフマニノフについて
 
ムソルグスキーについて
 
ロシアバレエについて
 
ロシアオペラについて
 
 

 ページTOPへ
HOMEツアー紹介海外からのお客様旅行業約款会社案内お問い合わせ
© TAIRIKU TRAVEL Co., Ltd.