ロシア・ウクライナに行くなら、専門旅行会社の大陸トラベルへ。充実のツアーラインナップ!テーマのある旅もご案内。
HOMEHOME  サイトマップサイトマップ FOREIGN VISITOR 業務・交流 旅行会社様

ロシア・ウクライナ・中央アジア・コーカサスへの旅行なら■JAPAN TOUR■大陸トラベル■RUSSIAN VISA

HOME ツアー紹介 海外からのお客様 旅行業約款 会社案内 お問い合わせ
お問い合わせ先
お問い合わせ先 こちら お問い合わせ先
お問い合わせ先

トルストイについて
トルストイ
レフ・ニコラエヴィッチ・トルストイ (1828.9.9〜1910.11.20)
1828年9月9日、モスクワ郊外のヤースナヤ・パリャーナで名門貴族の四男として生まれる。1844年、外交官を志ざしカザン大学に入学するも退学。 その後、長兄の薦めで軍務生活を送るようになる。1854年〜1855年の間クリミア戦争に従軍し、この体験がその後の平和主義を展開する背景となり、ここでの体験をもとに「セヴァストーポリ物語」を執筆している。 軍職を退いた後はヤースナヤ・パリャーナに戻り、領地の管理をするかたわら、執筆活動に励み、「アンナ・カレー二ナ」「戦争と平和」といった文学史上に輝く名作を残した。 トルストイの作品・思想はロシアの無政府主義、マハトマ・ガンジーの非暴力主義に影響を与えるなど、世界中に信奉者を広げていった。その一方で、自分自身の信念からロシア正教会との対立により破門され、晩年は家庭での反目から家出を繰り返した。 1910年、家出をしたトルストイは、旅行中に悪寒を感じ、11月20日、肺炎により死去した。


「トルストイ」ツアー詳細ページに戻る
 
 
チェーホフについて
 
トルストイについて
 
ドストエフスキーについて
 
チャイコフスキーについて
 
ラフマニノフについて
 
ムソルグスキーについて
 
ロシアバレエについて
 
ロシアオペラについて
 
 

 ページTOPへ
HOMEツアー紹介海外からのお客様旅行業約款会社案内お問い合わせ
© TAIRIKU TRAVEL Co., Ltd.