ロシア・ウクライナに行くなら、専門旅行会社の大陸トラベルへ。充実のツアーラインナップ!テーマのある旅もご案内。
HOMEHOME  サイトマップサイトマップ FOREIGN VISITOR 業務・交流 旅行会社様

ロシア・ウクライナ・中央アジア・コーカサスへの旅行なら■JAPAN TOUR■大陸トラベル■RUSSIAN VISA

HOME ツアー紹介 海外からのお客様 旅行業約款 会社案内 お問い合わせ
お問い合わせ先
お問い合わせ先 こちら お問い合わせ先
お問い合わせ先

チェーホフについて
チェーホフ
チェーホフ (1860.1.29〜1904.7.15)
1860年にロシア南部のアゾフ海に臨むタガンログに生まれる。1884年に医師の資格を得ながらも家計を支えるために多くの小説を雑誌寄稿するようになる。 自らが執筆した戯曲「かもめ」がモスクワ芸術座で成功をおさめ、その後、「かもめ」と共に四大戯曲と呼ばれる「ワーニャ伯父さん」「三人姉妹」「桜の園」を執筆。晩年は結核を病みヤルタで療養をするが、1904年7月、ドイツのバーデンワイラーで死去、モスクワのノヴォデヴィチ修道院に埋葬された。 チェーホフの作品には同時代のトルストイやドストエフスキーとは違い、ただ普通の人物が登場して、かつ事件らしい事件は起こらない。登場人物の内面に起こるドラマに焦点をあて、それを控えめな叙述・詩的な知覚・そして鋭敏な言語感覚により表現する...これがいわゆる“チェーホフ的作風”と呼ばれる特徴になっている。 英雄でも大悪漢でもない「等身大の人物」の心の葛藤に、時代を超えて多くの読者は共感を抱くのである。


「チェーホフを訪ねて」ツアー詳細ページに戻る
 
 
チェーホフについて
 
トルストイについて
 
ドストエフスキーについて
 
チャイコフスキーについて
 
ラフマニノフについて
 
ムソルグスキーについて
 
ロシアバレエについて
 
ロシアオペラについて
 
 

 ページTOPへ
HOMEツアー紹介海外からのお客様旅行業約款会社案内お問い合わせ
© TAIRIKU TRAVEL Co., Ltd.