• TOP
  • ブログ
  • Staff Blog
    スタッフがお届けする現地情報
    ロシアの記事

    ロシア シベリア鉄道は2等車がお勧め? 2022-02-15


    かつて日本のサスペンスドラマでも舞台にされたシベリア鉄道。
    こんなにロマンを感じる列車もないのではないでしょうか。
    ヨーロッパの洗練された列車とはまた一味違う魅力があります。

    そんなシベリア鉄道の車両には3種類の等級があります。
    (列車によっては1等車がない場合もあります)

    ●1等車(リュクス)
     2人1室のコンパートメントです。
    良い点:①2人旅なら最高です!自分達だけで車窓の旅を満喫できます。
        ②車両によってはシャワーが付いているものもあります。
    悪い点:①料金が高いです。
         極東2都市を巡るオケアン号だったら、そこまで高くないかも?
         モスクワまで行く場合は、かなり高額になってきます。
        ②一人旅の場合、同乗者と2人だけになります。
         人によってはメリット?凄く仲良しになれるかもしれません。
         男女混合だと、なかなか気まずかったりします…。  
      
    ●2等車(クペー)
     4人1室のコンパートメントです。
    広さは1等と変わりません。ベッドが上下二段になります。
    良い点:①料金と安心のバランスが良い。
         ロシア人からは「外国人は絶対2等にしろ!」と言われました。
         盗難があるから3等は乗るなと言われます。
         (しかし、彼らは3等で移動しています…)
        ②ファミリーは自分達だけで自由に楽しめます。
        ③同乗者とコミュニケーションがとれる…かも。
         同乗者に挨拶するのはシベリア鉄道のマナーのようなものです。
         2人だけだと気まずくても、4人だと結構大丈夫だったりします。
         持ち込んだ食べ物をシェアしてくれたり、世話を焼いてくれたり…
         ロシア人の優しさに触れられるかもしれません。
    悪い点:①夜にトイレに行きづらい…上段は移動が大変。
         周囲に迷惑をかけてしまうのではないかと思ってしまいます。
         特に上段は降りるのが大変です。
         逆に、自分が下段でも、上段の人の動きが気になったりします。
        ②狭いので荷物と自分の居場所に困る?
         4人いるとかなり手狭になるので、スーツケースは大変です。

    ●3等車(プラツカルトヌィ)
     車両内に壁がない開放寝台です。
    良い点:①料金が安いです。
        ②自分から行動を起こさない限り、外国人でも放っておかれます。
         これって良い点なの?…(自分だけ?笑)
         初めてのシベリア鉄道旅行ならお勧めはしません。
         現地の方とのコミュニケーションも旅の醍醐味ですから。
         しかし、乗る頻度が多いと、静かに時間を過ごしたくも…。
    悪い点:①他の等級よりも盗難にあうリスクが高いです。
         やはり明け透けなので、何が起こるか分かりません。
         同乗者も一番安い料金しか払っていないということです。
        ②男女混合なので着替えはできないと考えてください。
         (現地の人はいろいろな技を駆使して何とかしてますが…)

    一部の人を除いて、シベリア鉄道は一生に一度の体験になるかもしれません。 
    どうせならちょっと奮発して最高の車窓の旅にしませんか。
    (同乗した現地の人とワチャワチャというのも楽しいですけどね!)